プロミス 審査

MENU

プロミスに申込む時に必要になる書類

消費者金融と言ってもいろいろな業者がありますが、大手消費者金融と言えるのはプロミスやアコム、アイフルの他モビットやノーローン等があります。そして消費者金融ではありませんが、レイクも現在は銀行となっているもののサービスは消費者金融と同様になっています。

 

 

プロミスに申込みをする方法はいろいろ

 

プロミスで申し込む方法は申込む人の好みで選ぶ事ができます。それでも申込みの方法によって即日融資ができない事もあります。郵送での申込みも可能になっていますが、郵便の配達時間を考慮すると即日融資はまず無理と言えます。
申込みをした日にお金を借りるならば、ネット申込みがオススメです。ネット上で必要事項を入力するだけなので、後は審査結果を待つだけとなります。

 

ネット申込みは苦手と言う場合には、店舗の窓口で申込みをする方法もあります。直接店舗でスタッフと話をしながら申込みができるので、疑問点等をその都度確認する事が可能になります。その場で審査が行われ即日融資を受ける事が可能になります。

 

またATMを利用するような要領で申込みができるプロミスの自動契約機の利用も、即日融資が可能になる方法です。
またグループの親会社である三井住友銀行のローン契約機でも契約が可能になっています。カードを発行しそのまま備え付けのATMで借入れをしても、アコムのATM同様に手数料は掛かりません。

 

 

提出する本人確認書類とは

 

プロミスに契約の申込みをする時、本人確認書類を提出します。プロミスに関わらずお金を借りる時は何処で申込みをしても本人確認書類が必要になります。
プロミスではネットで契約が完結する申込み方法があるので、その場合には本人確認書類もネットで提出をする事が可能になります。

 

運転免許証やパスポート健康保険証が本人確認書類にあたりますが、それぞれ必要とされる部分をスキャナやデジカメ等で撮影をしてメール添付や、スマホアプリを利用して送付します。

 

その際に本人確認書類に記載をされている住所が、現在住居のある住所と違う場合には、現住所を証明する書類も別に必要になります。例えば住民票の写しや納税証明書等がそれに該当をします。

 

 

収入証明書の提出

 

消費者金融に契約の申込みをする場合、初めから収入証明書の提出が必要になる事は少ないかも知れません。総量規制により50万円を超える借入れには、収入証明書の提出が必要になりますが、初めに設定される借入限度額は一般的には30万円から50万円であるという事です。

 

プロミスではポイントサービスを展開しています。貯めたポイントによりATM利用手数料を無料にしたり、一定期間のみの無利息期間を利用する事ができます。ポイントを貯める事でこのようなお得なサービスを受ける事ができるようになります。本人確認書類の提出をする事で160ポイントの付与をされますので、ポイントを貯める積りで契約の時に収入証明書の提出をしておくと良いでしょう。

 

プロミスで収入証明書として利用できる書類は、源泉徴収票、確定申告書、直近で2か月分の給与明細書と1年分の賞与の明細書となっています。

 

 

 

★概要

 

プロミスに申込みをする時にはネット申込みや自動契約機の利用がオススメです。提出する書類は本人確認書類となりますが、50万円を超える借入れ、ポイントを貯めたい場合には、収入証明書の提出をします。

 

キャッシング 即日